トップページページの先頭へ

卵子の老化を改善する003

卵子の老化を改善する

卵子が老化すると妊娠しにくくなる!


卵子が老化すると妊娠しにくくなる!

現代女性は、自己実現を求める方が多くなり、社会でもバリバリと働くキャリアウーマンが多いですね。


そんな時代であるために、どうしても結婚や妊娠・出産といったことが遅くなる傾向があります。


中には、35歳を超えてから高齢出産に臨むという方も少なくありません。


赤ちゃんの出産は、年齢が高くなるほど様々なリスクが伴うものですが、その出産以前の問題として、年齢と共に妊娠がしにくくなるということも言われています。


例えば20代や30代前半くらいの年齢ですと、卵管に原因がある不妊症や、排卵がうまくいきにくいといった原因の不妊症が大半です。


これが、30代後半から40代くらいになってくると、原因が不明の不妊症に陥る方が少なくないのです。


卵管にも排卵にも問題が無いのに妊娠しにくい、というのは、卵子の老化が原因ではないかという考え方もあります。


赤ちゃんを授かるためには、卵子の質が良いということも必要な条件です。


残念ながら女性は、いくら見た目や気持ちが若々しくても、年齢による卵子の老化を完全に食い止めることはできません。


老化してしまえば、当然質は落ち、赤ちゃんも授かりにくくなってしまうのです。


そしてもう1つ厄介なのは、これには治療法が存在しないということです。


不妊治療の際、卵管や排卵に問題がある場合には、薬や手術等による治療法があります。


ですが、老化してしまった卵子を治療により、若返らせるということはできません。


年齢に抗うことはできないのです。


しかも、年齢を重ねると質が悪くなるというだけでなく、排卵の数が減ってしまうことも分かっています。


これも、赤ちゃんを授かりにくくなる原因の1つであると言えますね。


これらの事態に対応し、質を高め、健康な赤ちゃんを授かるためには、不妊治療を受けるだけでなく、生活習慣面での改善も必要不可欠です。


まず子宮の状態を左右するのは、体の血流です。


血行が悪ければ子宮に新鮮な酸素や良質な栄養が届かなくなってしまいます。


体を温めたり、マッサージを取り入れるなどして、血行の良い状態を維持する努力を行いましょう。


それから、もちろん食生活も重要です。


しっかりと栄養を摂取することで、体が健康になり、同時に子宮力を向上させることにも繋がります。


ビタミンやミネラル、タンパク質などの栄養素を、過不足なく、しっかりと毎日摂取していきましょう。


無理なダイエットなどは禁物です。


年齢を重ねてからの妊娠は、簡単なものではありません。


日々の努力こそが、可愛い赤ちゃんに出会うための第一歩なのです。



卵子の老化、卵子の老化、卵子の老化、卵子の老化、卵子の老化、卵子の老化、卵子の老化、卵子の老化、卵子の老化、卵子の老化、

メニュー


メニュー

©2014 卵子の老化を改善する003 All rights reserved